日本農業経営大学校

menu
お問い合わせ

用語集

開放的チャネル政策

生産者による製品流通の政策の一つ。広範囲の市場へ自社製品を流通させるために、できる限り多くの卸売業者、小売業者に流通過程へ加わってもらうこと。原則として取引を望む全ての業者が取引相手となる。
多くの消費者が自社製品と触れる機会を作れるというメリットがあり、大量生産される最寄品などには適している。その反面、流通経路が長くなるために、流通過程における生産者の介入度合いが低くなるというデメリットがあり、小売業者に対して自社製品の優先販売を求めにくくなる。


by ミナモト倉庫.

What’s New